ホーム活動内容2013-2014年度>第42回 地区年次大会 2日目

2013-2014年度 第42回 地区年次大会 2日目

2013/12/20
さて二日目です。

二日目は、9:00より受付開始、9:30〜メインプログラムとなりました。

メインプログラムは、1日目でご紹介したように、『食』についてのメインプログラムを行いました。
早速、ストーリーからご紹介します。


【STORY】

「Food Fighter Tale 2730」

とある銀河の隅っこで起きた話。
地球から遠い遠いとある銀河の中に地球にとても似ている惑星が存在した。
その惑星には細長い龍の形をした「2730」と呼ばれる国があった。
そこでは、「ゆかり」という名の女王が国を守っていた。
ゆかり女王は、食べることと喋ることが大好き。
そんな女王が治めている「2730王国」は『食べること』をとても大切にしている。
女王は、王国に存在するたくさんの村ごとにできる食材をとても大切にしており、
村の食材で作る料理の中でもカレーが大好物。
そこで、この国では毎年12月8日には、「カレー祭」を開催している。
それは、国を挙げての大きなイベントの一つ。
だが、最近では国にもコンビニなどが増え、村人は食べることの大切さを忘れ始めていた。

そんなある日。
「カレーに使う食材がなくなってる!」
2730王国のすべての村から食材がなくなった。残っているのは、カレーのルウとお米だけ。
これではカレー祭のカレーが作れない!慌てふためく村人たち。
そこに、空から食材の神様からの声が鳴り響いた。
「お主らの食材はいただいた。返して欲しければ
もう一度食べることの大切さ、素晴らしさを思い出すのじゃ。
食べるということの大切さに気づくまで食材は二度と戻ってこないだろう」
食についての知識をほとんどなくしてしまった村人は困り果てた。
そこで、ゆかり女王が立ち上がる。
「私たちは食についての知識をなくしてしまった。しかし、カレー祭の食材を取り戻さなくては!」
そこで考えた。
「そうだ、彼らに知恵をもらおう!」
ゆかり女王は、4人の勇者を集めた。

今回参加されたあなたは、4人の勇者の中の一人。

こうして「2730王国」の食材奪還をかけた戦いが、幕を開けた・・・



【CHARACTERS】

     〔The Saber〕     動物の狩りができる "剣士"
     〔The Lancer〕    海の幸山の幸の育て方に詳しい "槍使い"
     〔The Wiseman〕   食材についての知識を多く持つ "賢者"
     〔The Sorceress〕 食材を美味しく食べる秘訣知っている "魔法使い"


【RULES】

「Food Fighter Tale 2730 ルール」

     【1】みんなのテーブルに、人数分の職業カードが入った封筒があるよ!
        それを一枚ずつ引いて、4つの職業に別れてね♪
     【2】ゆかり女王が「解答する職業者」と「クイズ問題」を発表するよ!
        発表されたら、「欲しい食材ランキング」に欲しい食材(1位〜3位)を記入してね☆
        発表されたクイズを、グループ全員で考えて解答用紙に記入しよう♪
     【3】解答する職業者は、みんなでその場に起立!解答プレートで答えを発表してね♪
     【4】正解数が多いグループから、欲しい食材を選べるよ!
        正解数が同じで、欲しい食材も同じグループは、ゆかり女王とジャンケンするよ☆
     【5】あなたのグループの食材が確定したら・・・あら不思議!
        どこからともなく食材カードが出てくるよ♪
     【6】すべてのクイズが終わったら、食材引換所へGO!カレー祭の準備をするよ☆
     【7】準備ができたら、女王の合図で〜・・・いただきま〜す!!!

オープニング映像で、盛大にメインプログラム開会です!


そして、その女王の登場です!美しいですね〜。しかし、2730ときて、女王ときて、この映像の女王。皆様、違和感を覚えませんか?


はい!その違和感が正解です!モデルはこちらの中村代表です!
あまりにも脚色しすぎました!大変な違和感を感じさせてしまい、申し訳ありませんでした。


女王が一通り話し、ルール説明が終わり、早速スタートです!
まずは、職業カードを引きます。こんなカードです。




そして、各テーブル自己紹介からです。自己紹介カードに
1.クラブ名  2.名前  3.ニックネーム  4.職業カード  5.欲しい食材
6.欲しい食材に関する思い思いを一言!
を記入して、同じテーブルの方々と仲よくなります。














各テーブル、同じ職業がいますので、その同じ職業の方と「食材リスト」の中から、
「欲しい食材の順位」を決めていきます。



こんな感じです。

それぞれの職業ごとに、クイズ問題が発表されます。各テーブルみんなで考えます。皆真剣ですね〜。









今回の年次大会は、インターアクトの生徒さんも興味を持ってくれ、参加してくれました!
インターアクトの生徒さんに興味を持って参加していただけるなんて光栄ですね!







各テーブルの正解数を集める、直前代表の福永くんです。


裏の方では、食材がどんどん揃っていってます!
ホテルスタッフだけでは、こちらの要望の調理が出来なかった為、朝一番からアクター数名が調理に入っていました。本当に感謝です。
















さて、解答の時間です。各問題を中村女王が読み上げ、各テーブルの担当職業者が答えていきます。
それを瞬時にPC入力!各テーブルの正解数を出していきます。大変ですね〜。。。








欲しい食材がゲットできて、とてもうれしそうですね!




正解数が多いテーブル(グループ)から、欲しい食材を選べますが、正解数が同じの場合はジャンケンになります。みんな必死でジャンケンを戦います!




各テーブルの食材が決まったら、配膳です。二人一組になり、一人はご飯を取りカレーを持ってくる。
もう一人はサラダや福神漬けを取りに行きます。ゲットした食材も取りに行きます!



そして、「いただきます!」と思いきや・・・皆さん、完全にストーリーを忘れていました!
そう!物語の途中です。物語を終わらせなければ「いただきます」はできません。
最後の完結の映像を見て、「いただきます!!」


それでは、みんなの笑顔の食事すがたをご覧ください。


































とてもおいしいカレーでした。

各テーブル、思い通りのトッピングができたり、一つも1番の食材が取れなかったりと、それぞれ楽しいメインプログラムとなりました。やはり「一緒に食事をする」というのはいいことですね。初対面でも仲良くなれます!自然と話も弾みます。

まさに、中村代表と、松崎実行委員長の思惑通りになりました!

メインプログラム報告の最後に、この写真を撮っている、地区広報の二人をご紹介します。
撮っているということは自分は写りませんからねぇ〜・・・いつもありがとうございます!!

 地区広報 松永真治 (阿久根ローターアクトクラブ所属)


 地区広報 川越春菜 (宮崎ローターアクトクラブ所属)




     【表彰式】

12:30からは、表彰式となりました。
昨年度(2012−2013年度)、「どのクラブもとても頑張っており、全クラブを表彰したい!」という福永直前代表の気持ちもありましたが、そういうわけにもいかず、福永直前代表が特に思ったクラブを表彰しました。
※写真が一枚もありませんでした。申し訳ありません。


     【閉会式】

13:00から閉会式です。
下記の通り行われました。

@ローターアクト地区代表エレクト承認
 国際ロータリー第2730地区ローターアクト ローターアクト地区代表エレクト 藤田 雄也



A大会所感
 国際ロータリー第2730地区 奉仕プロジェクト部門長 古木 圭介 様



 国際ロータリー第2730地区 地区ローターアクト委員長 岩澤 浩二 様



B「手に手つないで」斉唱
 ※写真がありませんでした。申し訳ありません。

C閉会宣言
 国際ロータリー第2730地区ローターアクト 第42回地区年次大会実行委員長 松崎 仁志

※挨拶の時の写真じゃなくてすみません。でもいい写真があったので、載せます。

D点鐘
 国際ロータリー第2730地区ローターアクト ローターアクト地区代表 中村 由香里

※こちらも挨拶時の写真ではありません。申し訳ありません。
 でも皆さん見飽きたかな?と思い、遠めの写真です。


年次大会、二日目の報告は以上です。

本当に、沢山の方々の出席をいただき、ありがとうございました。今回の年次大会を通して、少しでも皆様の縁が広がることを願います。
本当に本当にありがとうございました。
〜心からのありがとう〜を感じ伝えられたと思います。また逢う日まで・・・



年次大会が盛会に終わり、皆様方の見送りも終え、ホッと一息つけました。
最後に、実行委員一同の写真でお別れです。












国際ロータリー第2730地区ローターアクト地区広報 藤田 雄也